最新の口コミ投稿

薬剤師転職特集

薬剤師職種シリーズ

転職サイト選びの注意点とは?

薬剤師転職の注意点とは!?

薬剤師の転職関連サイトが多い理由

検索してみると怪しい薬剤師転職関連サイトばかりのワケ。

この理由は、ズバリ
「薬剤師転職」はお金になるから。

薬剤師不足によって採用費用に大きなお金を使う病院や企業が増えて、そこに目をつけた 転職企業が参入

参入したものの、薬剤師そもそもの人数が少ない
大金を払ってでも薬剤師を登録させたい
広告に膨大なお金を支払う
薬剤師の転職に関するWEBサイトがたくさん作られる。

という流れが生まれます。

薬剤師転職の関連サイトが増える構図

何故、薬剤師の転職に関するWEBサイトがたくさん作られるかは簡単な話なんです。

WEBサイトを経由して登録すると、1人につきWEBサイト運営者に6~8万円近くのお金が入ります。

怪しいWEBサイトの仕組み

薬剤師を1人紹介してサイト経由で登録するだけで大金になるんです。

だから、薬剤師の転職に関するWEBサイトはすごく多く作られています。

1人あたり6~8万ですって…!?
みんな登録してくれたら、ローン組もうか迷ってたあのパンプスが買えるじゃない…
この話が嘘だと思うなら、試しに「薬剤師 転職サイト オススメ」
これで検索をしてみなさい。
どれどれ…ってえ!?こんなにあるの!?

ほら、怪しいWEBサイトが無限にでてきます。
どのサイト運営者も薬剤師を転職サイトに登録させて大金をもらおうとしているのです。

怪しいWEBサイトがたくさん出てくる

だから、どのサイトも「複数の転職サイトに登録した方が良い」
って書いていませんか!?

何故、複数サイトかというと、1つの転職サイトに登録しただけで6~8万円だからです。
転職を考える薬剤師1人が、5つの転職サイトに登録したら、30万~40万円の大金がもらえるんです。

当然、サイト運営者は 「複数の転職サイトに登録して~」って目が¥マークになっているのでしょう。

サイト運営者

これは紛れもない事実であり、本当に騙されないようにしてください。

『とりあえず全部に登録してみて、自分に合った使い方を探してみてください』って言葉は単なる親切なアドバイスじゃなかったのねー!!(ガーン)
世の中、ボランティアでWEBサイトを作っている善人なんてそう多くないんだぜ
「ボランティアでWEBサイトは作らない」か…そうよね。世の中甘く考えてました。反省。

薬剤師転職サイトの裏事情に騙されるな!

待って待って。薬剤師転職関連WEBサイトの裏事情の他に、
薬剤師転職サイトにも騙されちゃうの!?
ククク…まだまだ深い仕組みがあるのじゃよ…
そもそも何故、そこらへんにある怪しい転職関連WEBサイトに薬剤師が登録しただけで、薬剤師転職サイトから6~8万円ももらえるのか。
そのカラクリはもっと深いところにある。

もはや転職する時には主流となっている薬剤師転職サイト

「転職サイトに登録」→「専任のキャリアアドバイザーがつく」→「面接・内定・入社」今はこんな流れが主流になっています。

むしろ、「サイト無しでは転職活動なんて出来ない」状況になりつつあります。
皆さんも、特に何も考えずに「とりあえず登録しよっか~」なんて思っていませんか?

確かに。転職を考えたら『まずは転職サイトに登録』って流れが当たり前よね。

実は、この当たり前の流れの裏側には「ビジネス」の側面が隠れています。

薬剤師転職サイトなのにキャリアアドバイザーが速攻でつく!?

一般的な業界でいう転職サイトは薬剤師転職サイトと、実は全く違うのじゃ!!!
薬剤師以外の転職
薬剤師の転職
あれ?薬剤師は、転職サイトに登録すると勝手にアドバイザーがつくの?
直接自分で会社とやりとりって出来ないのね…?
そうなんじゃ。つまり薬剤師転職サイトっていうのは、登録した時点でアドバイザーが速攻つく仕組みになっている。サイトとは謳っていても、実際はエージェント機能が最初から備わっているんじゃよ。
ラッキーじゃないですか!
甘い。ということは…つまり…?
速攻アドバイザーをつけることで、薬剤師を取り込もうとしているってこと??
その通り。薬剤師転職サイトは、どうしても自社経由で転職をしてもらいたい。他の業界と違うポイントは決定的な薬剤師不足にあるのじゃ。
薬剤師不足の裏にブラック環境!特集記事
一覧はこちら

薬剤師の転職ビジネスと注意点

慢性的な薬剤師不足が続いている現在。それに応じて、求人企業も喉から手が出る程、薬剤師が欲しいんです。
そのため、転職サイト側に入ってくるお金も結構な額。

その通り。薬剤師転職サイトは、どうしても自社経由薬剤師が売り手市場だから、求人にエントリーして選考に進めば高い確率で内定・入社が決まって売り上げが上がる。だから一般の転職よりもガッツキがすごい。
ガッツキって、電話やメールのこと?いやだわ~…

薬剤師サイト側は、一人の薬剤師を求人企業に入社させると、
年収の約30%=100万円以上が企業から報酬が入ります。

ひゃ、ひゃくまん。
普通の転職サイトの決定的な違いはここにあるな。○週間で○○万円といった掛け捨て型の契約で、求人を転職サイトに一定期間掲載するよりも、成果報酬型でアドバイザーを使って入社させた方が、圧倒的にリスクも低く、数少ない薬剤師を入社させることができる。
掛け捨て型と成果報酬型
つまり、薬剤師転職サイトは怪しい関連WEBサイトに登録料を6万円払っても、10人登録してくれたうちの1人さえ入社が決まれば
成果報酬100万円ー(登録料6万円×9)=46万円の利益と、十分な利益になるわけさ。

つまり、あなたは「100万円で売れる商品」と思われている

WEBサイトの甘い言葉に連れられて、あなたは複数の薬剤師転職サイトに登録します。

そうすると、速攻で電話やメールで「どういったキャリアアップをお望みですか?」「今の職場への不満をぶっちゃけてください。」なんて様々なアプローチが来るはずです。

アドバイザーは、なんで薬剤師に親身になってくれるんでしょう?

ズバリ、あなたは 「100万円で売れる商品」と思われているから。

薬剤師転職サイト側もまた目が¥マーク。
せっかく登録してくれた貴重な薬剤師にはどうしても入社をして欲しい。

複数の薬剤師転職サイトで選考が進んで、2、3社から内定をもらったとします。

すると、どこのアドバイザーも、「○○さんにはウチが一番合っていると思いますよ!」なんて自社からの内定先を勧めて来るんです。

内定後の入社までのいいコトバたちは、売り上げが確定されるまで続くのです。

こんなにお金が湧いてくる市場なんです。知識のないアドバイザーもいます。 転職サイト側はとりあえずアドバイザーを増やして、徹底的に薬剤師を囲ってきます。

その分、アドバイザーの教育が行き届いていないところは多々あります。

面談の時に怪しいなと思ったら、 ちょっとだけ専門的な薬剤の話をしてみましょう。

アドバイザーの約5割はうわべだけの知識で話しているため、返答が出来ず黙ってしまうか、検討違いの答えが返ってくるはずです。

もちろん、そこだけが判断材料ではないが、薬剤師を商品とだけ見ている証拠の一つにはなるかもしれないな。
なんとも意地の悪いやり方だけど、あっちも私たちのこと商品と見なしてるって考えたら…

薬剤師1人の転職で大きなお金が動くのだから、薬剤師側も転職サービスも使い倒そうっていうスタンスが重要。転職情報を聞けるだけ聞いて、自分なりに転職活動を進めましょう。

身勝手な薬剤師転職サイトの裏事情

『求人紹介の数打ちゃ当たる方式』というものがある。
なんじゃそりゃ!不穏!

薬剤師転職サイトに登録すると、薬剤師の希望する条件とはちょっとズレた求人も、どんどん紹介されてきます。

適当に求人を紹介してきて、どれか気になる求人にエントリーしてもらえれば儲けもの♪
それで上手く選考進んで売上があがったら超ラッキー的な感覚。

何も考えずに適当にやって、楽だし手間もかからないから、紹介の手間が省けて アドバイザーは思わずニヤリ。

まあ、棚からぼたもち的なアレじゃな。
そ、そんなノリでこられたもので転職したくないわ…

とは言え、そんな求人の中にも意外に「掘り出しモノ」があったりします。さっと目を通すくらいには見ておいたほうが吉。

転職支援でスピード感を重視している本当の狙いとは?

転職サイトを見ると、 「最短○日で転職!」なんて言葉がデカデカと掲げられています。そんなスピード感を売りにしている薬剤師転職サイトはいっぱいあるんです。


ズバリ言います。転職に関するスピード感は、 売り上げ目線が80%。


一つ目は、 「鉄は熱いうちに打て。」
今の職場に不満があったら、今すぐにでも転職先を変えたいですよね?そんな時にパパッと選考を進めて内定を取って、入社させるのが目的です。

時間が経って気が変わり、薬剤師から「やっぱり今の職場でもうちょっと頑張ります」なんて言われたらたまったもんじゃない。

せっかく100万で売れる高額商品の売り上げ見込みが0円になってしまいます。

だから、転職願望が強いうちに、次々と求人を紹介してくれるんです。

僕も腹筋割ろうと思って筋トレ始めたんですけど、3週間でやる気なくしましたよぉ。
それは違うんじゃ…

二つ目は、「最小限の労力で転職させたいから。」

一人の薬剤師の転職にもアドバイザーは、電話ヒアリング、面談、求人企業との調整、面接のフィードバック…など、それなりの労力を使います。

いくら手をかけても、いつまでも薬剤師の転職先が決定しないんじゃ、
ハッキリ言ってコスパが悪いんです。

いかに効率よく売り上げを立てるのか?そのコツは、 スピード感を持って転職支援をすること。

そんな思惑には巻き込まれず、 薬剤師は自分自身のペースで転職活動を行うことが大切です。

薬剤師の転職ビジネスに拍車をかける深刻な薬剤師不足

どの病院でも、薬局でも、「不足していない所のほうが珍しい」レベルで、常に叫ばれている 「薬剤師不足」。今後もしばらく続くと思われます。

どこの企業も「大金を払ってでも薬剤師が欲しい」。
どこのサイトも「なんとしてでも薬剤師を入れて売り上げを立てたい」そう思うのです。

その単純な思惑に引っかかってしまっては、自分の納得の行く転職は叶えられるはずがありません。

だからこそ、 一番注意すべきは「薬剤師→転職サイト」ここの登録までの道のりなのです。

今までの流れを図にしてまとめてみましょう。

薬剤師転職の裏事情
薬剤師1人の転職でこんなにお金の流れが発生するのね…一番最初の登録の段階で、しっかりと考えなきゃいけない。

理想的な薬剤師転職サイトの選び方・使い方とは?

薬剤師転職サイトの決め手は、ズバリ「大手か中小か」でOK

じゃあ、どうすれば良い薬剤師の転職サイトが見つかるのか??

元業界人がぶっちゃけると、転職サイトには2社でOK。
薬キャリマイナビ薬剤師です。

なぜなら、、、 2社は毛色の違う運営をしており、異なる転職サポートを行う体制だからです。

薬キャリはエムスリーという会社で、 人材会社ではなく、医療関連事業を展開するエムスリーグループが運営をしています。「m3.com」という日本最大級の医療専門サイトも運営していて、薬剤師なら聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?

圧倒的な医療業界での知名度もあり、中の人の質も高く、薬剤師目線での転職も安心して進めることが出来ると言えるでしょう。他では知ることが出来ない職場の内情も、薬剤師とのコネクションが強いからこそ得ることができます。

薬キャリ
薬キャリの詳細を見る

一方、マイナビ薬剤師は総合人材会社のマイナビグループが運営する薬剤師転職サイトです。マイナビという名前が持つ力は大きく、その強力なネットワークは全国を網羅しています。
「転職」に対する手厚いサポートはやはり見事。

リクルートはガツガツ系で売り上げノルマが高くて転職が無理やり…という傾向があります。対してマイナビはまったり系の社風なので、そういうところがありません。

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師の詳細を見る

マイナビ薬剤師がイマイチっと思った方はリクナビ薬剤師でもOK。
この2社はほぼ同様の求人と同様の転職サポート体制で運営しているからです。

なるほどね。医療業界と転職業界、どっちも最大手を選んでおけば間違いないってことか。

中小の転職サイトはここではおすすめしません。
何故ならば、 「規模が小さい」「求人案件が少ない」→売り上げのために無理やりにでも入社させようとしてくるということになるからです。

メリットとしては 「親身になってくれる」ですが、まず最初の選択肢には入れない方がいいでしょう。いくら親身になってくれても、全く条件の違ったものを無理して考えるのは時間の無駄ですよね?

安易に複数並行で活動をしようとするとこちらも疲弊してしまう。
まずは大手から始めて行くことを強くオススメする。

アドバイザーには、ワガママすぎるくらいがちょうどいい

ナオコ君、タダオ君、転職するとしたら、どんな条件がいい?
年収は今よりも上、残業も今より少なくて、週休二日制ですかね。
あとまとまった休みがとりやすいところかな…
年収700万以上、年間休日120日以上、駅近、ランチに困らなくて人間関係がフラットな職場がいいっす。あと近くにマクドナルドは必須っす。
この場合、タダオ君の方が転職しやすいし、転職後の定着率も圧倒的に高い。
えええーっ!なんで!?タダオのなんて無理でしょ現実的に考えて…
アドバイザーへの注文は細かい方がより良い。自分の希望を明確にすることでアドバイザー側も紹介がしやすい。最初にズバッとワガママを言ってもらった方が何かとうまく動きやすいんじゃよ。

アドバイザーからしたら、納得しないままに入社→すぐ退職されるのはどうしても避けたいところ。いくら無理と思っても、最初にありのままの希望を話すことで、お互いに納得感を持って進めることが出来ます。

なんといっても、あなたはアドバイザーにとって 「100万円で売れる商品」なんですから、遠慮せずに働かせてしまいましょう。

つまり、 「ワガママも本音で話すことが出来るアドバイザー」に出会うことがもっとも重要。

「こんなに本音をさらけ出してくれているんだ、なんとしてでも良い転職を実現してあげたい!」と思わせることが大事なのです。

アドバイザー側も、面談で薬剤師の本音を引き出すのに苦労しているのが現実。
そのワガママに真剣に向き合わないアドバイザーはこちらからお断りしてしまいましょう。

アドバイザーには本音で話して!

でも、こんな薬剤師転職サイトの使い方はNG!あっという間に見切りをつけられます

実は、アドバイザーって非常にドライ。売り上げが見込めないような薬剤師には連絡をしません。

いくら親身にしてくれるからと言って、最低限のコミュニケーションはないがしろにしてしまってはダメです。

電話は嫌いなんでメールで大丈夫です。面談も必要ありません。求人情報だけ送ってくれますか?いいなと思った時だけ連絡します。

こんな転職希望者がいたらどうしますか?求人会社に紹介したくないし、選考も上手く行く気がしません。そんな薬剤師はどう頑張っても100万円には化けません。

そう気づいた段階で、アドバイザーは無常にもその薬剤師を切り捨てます。連絡も自発的にしてこようとはしないでしょう。

本音も言わない、連絡も返さない。そんな薬剤師には誰だって協力したいとは思わないね。
ビジネスを見た気がするわ
(なんで例が僕なんスか…)

でも実際、薬剤師は売り手市場。
なんだかんだ言って、転職する気があれば大丈夫かも?

…頑張りますね。
賢く転職♪特集も要チェック!
一覧はこちら


 薬剤師転職の業界人オススメの転職サイトはこちら!!

薬剤師の裏事情を知る業界人がオススメする転職サイトはこれだ。

薬キャリ:医療関係事業のエムスリーが運営

薬キャリ

マイナビ薬剤師:転職最大手のマイナビが運営

マイナビ薬剤師



この2つは必ず押さえておきたい転職サイトです。

PAGE TOP